スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
    -  2007.09.15.Sat / 18:59 
TSlogo150

スポンサーサイト
No.290 / 未分類 /  comments(7)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  ブログを移転します!  -  2007.01.09.Tue / 04:05 
「ウェブ人間論」を読んだからだけでもないですが、これを機会に(livedoor→fc2でやってきた)ブログを(著者、梅田氏の所属する)「はてな」に移転することにしましました!ブックマークくださった方々、ご面倒ですが、今後ともよろしくお願いします!

新しいブログはこちら→http://d.hatena.ne.jp/camelkondo/
No.289 / BLOG /  comments(87)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  ウェブ人間論  -  2007.01.09.Tue / 03:45 
「ウェブ進化論」の梅田氏と作家の平野氏という異分野の2人が、ウェブ2.0時代に人間がどう変化していくのか語る対談本。前作同様、未来に常に楽観的な見方をもつ梅田氏に対して、若い平野氏が悲観的なのが、それぞれ足場とするメディアの新旧を表していて面白い。

グーグルや、アップルのスティーブ・ジョブス、アマゾン…日本ではmixiやはてなの社長など、ウェブ2.0時代をつくった人たちが「スターワォーズ」好きの、ある意味純粋な数学好き・テクノロジーおたくだというも、不思議と分かる気がするが、何より、彼らに共通する「インタ-ネットの成り立ちの思想と、オープンソースの思想と、それを支えているハッカーエシックスみたいなものの組み合わせ」「お金よりも賞賛であるとか、情報の占有より共有とか」を大切にするという考え方が興味深い。中心の偏在性。所有から共有へ。新しい時代の倫理。ひょっとすると、ウェブに関わる彼らだけでなくて、これからの資本主義社会を(いい方向に)変えていくキーワードかも。

ともかく今、僕らは、古くは活版印刷とか、写真の発明の時のようなメディア環境の大きな変化の時代に生きている。僕の所属している広告界もまさにそのまっただ中に晒され始めたわけだけど、アート界ではすでに、60年代のミニマリズムや、70年代ころに「オープンワーク/開かれた作品」という考え方で、作者が作品の意味をつくるというところから、見る人が作品の意味をつくるという転換が生まれたりしている。その後、90年代には「リレーショナルアート」や「メディアアート」などで参加型の作品が多く生まれたりなど、ある意味、ウェブ2.0時代を先取りしていたとも言える。そんな中、社会自体がウェブ2.0と言われる時代になった今、どんな表現が価値をもつのか、どんな新しい表現ができるのかが気になる。

PS:そうそう、この本を読んだからだけでもないですが、これを機会に当ブログを(梅田氏の所属する)「はてな」に移転することにします!

ウェブ人間論 ウェブ人間論
梅田 望夫、平野 啓一郎 他 (2006/12/14)
新潮社

この商品の詳細を見る
No.288 / BOOKS /  comments(86)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△

 Translate Text 

 プロフィール 

self2


近藤ヒデノリ Hidenori Kondo
某広告代理店CMプランナー/クリエイティブ・ディレクター/TOKYO SOURCE編集長/美術家。
30カ国に渡る放浪の旅、CMプランナーとして4年間勤務後、NY大学/国際写真センター修士課程に留学。9.11直前に復職。以後、TVCMを中心に広告コミュニケーションをつくりながら、個人での表現活動もつづけている。留学中から季刊誌[A]の創刊・編集に携わる他、「Removed」「PLAY」「無重力スポーツ」など、日常に隠された権力を読み替える作品を国内外で発表。近年は人のつながりと対話をテーマに「Wedding」展の企画、「TOKYO SOURCE」 編集長を務める。06年には、久々の自身の個展「FREE CAMEL」を開催。(photo:竹内スグル)

 TOKYO SOURCE 

東京発、未来を面白くする100人(インタビュープロジェクト/2005.3~)
TOKYO SOURCE

TS

 FREE CAMEL 

rakuda


禁煙ブームのこの時代に、個人の自由と表現の可能性を問う自身久々の個展。煙草「CAMEL」のパッケージからラクダを解放、路上禁煙法で知られる千代田区のギャラリーに本物のひとこぶラクダを登場させます。会場ではラクダを見ながら、CAMELが無料で吸い放題。9月22日(金)たった一日開催予定!詳しくは↓
Free CAMEL Project
box

 インタビュー 

YAMAHAのフリーペーパー「Soul Switch」にインタビューを受けました。 →インタビュー全文 main

 カテゴリ目次 

カテゴリー

 コメント+トラックバック 

 Time is Money? 

 ブロとも申請フォーム 

  ブログ内検索  

  全ての記事を表示する  

  メールフォーム  

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 TRAVEL HETEROPIA All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。