SOCCER の記事一覧 
  スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  日本1ー4ブラジル  -  2006.06.23.Fri / 06:32 
残念………………!
完敗。
誰もがきっと予想していた
悪い予想が当たった…。

印象的だったのは、試合終了の笛が鳴ってからも、ずっとピッチに倒れ込んで動けなかった中田くん。コーチ?以外、チームメートも誰も駆け寄って行かない(行けない?)。孤高の存在。ロスタイムで一点を返されてハーフタイムを迎えた時の、心の底から悔しそうな表情を見ても、彼の精神力、戦う力は突出していたように見えた。次のWカップでは33歳だけど、彼にはもう一度出てほしいと思う。精神的な柱としてでも。

最後の試合で、サントスー玉田の華麗な展開と豪快な崩しが救いだった。
少なくとも10分間くらいは夢を見れたのだから。
日本代表選手のみんな、おつかれさま!

とにかくこれで、(戦時中のように)国中が変に盛り上げられてきた日本の実力を、全国民が改めて知ったんだろうな。
監督業ほぼ無経験、攻撃はともかく守備の戦略をもたない監督では駄目なことも、4年間かけて学習したと。

次の監督はオシムというスポーツ紙の見出しも。
よくは知らないけど、弱小ジェフを鍛え上げたコーチ力と「オシム語録」でも知られる哲学性、人間力もある人だとか。いいかもしれない。
ともかく今度はネームバリューだとか、加茂監督の時みたいに「日本人だから」という訳の分からない理由でなく、戦術とか、指導力とか、ビジョンとか選ぶ理由を明快にして「監督」選びをしてほしい!

とりあえず、この大会の残りは、
同じアジアの同胞として韓国でも応援するか。

後はとにかく、美しいゲームが見たい!!



スポンサーサイト
No.247 / SOCCER /  comments(3)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  日本1-3オーストラリア  -  2006.06.13.Tue / 01:59 
なんともあっけない結末。
4年間待ち続けて、我が家でつまみをたくさん用意して、
万全の観戦体勢を整えて見たんんだけど…。笑。

まずオーストラリアは想像以上に下手だったという印象。
技術がない、シュートが下手だから、決定力もあの日本より数段低い。
あれが普通のヨーロッパの中堅以上のチームだったら、日本は前半だけで3点くらいは食らって、ジエンドだったはず。

そして日本が前半に柳沢と高原のすばらしい連携による「ダブルキーバーチャージ」からラッキーゴールをあげ、後半に入るとやや落ち着いて、下手糞なオーストラリアをいなしつづける。解説の岡ちゃんと同様に僕も「こりゃいけるかも?」と思い、同時に「開幕以来、かなりレベルの低い試合だなぁ」と思っていたら、最後の10分間に、あんな感じで盛り上がるとは…。

これはきっと「ドーハの悲劇」につづく、
日本サッカー史に残る悲劇の一夜になるだろうな。やっぱりディフェンダーの加地の開幕直前の故障と田中の離脱、坪井の負傷?交代が痛かったなー。駒野の挙動不審な感じの頼りなさ。ヒディングが交代で入れた選手が2ゴールを入れたのは、単なる結果論だけど、精神面以外はほぼ「無策」に見えるジーコに対して、もし日本にちゃんと戦術をもった監督がいたら…。次はベンゲル!(は無理だろうけど)、オシム?、誰でもいいけど、プロの監督が来てくれー!!!

でも、まだ次のクロアチアに勝って、ブラジルが両チームをボコボコに叩いて、最後に日本がブラジルに引き分ければ…なんて。笑。


No.243 / SOCCER /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
| BLOG TOP |

 Translate Text 

 プロフィール 

self2


近藤ヒデノリ Hidenori Kondo
某広告代理店CMプランナー/クリエイティブ・ディレクター/TOKYO SOURCE編集長/美術家。
30カ国に渡る放浪の旅、CMプランナーとして4年間勤務後、NY大学/国際写真センター修士課程に留学。9.11直前に復職。以後、TVCMを中心に広告コミュニケーションをつくりながら、個人での表現活動もつづけている。留学中から季刊誌[A]の創刊・編集に携わる他、「Removed」「PLAY」「無重力スポーツ」など、日常に隠された権力を読み替える作品を国内外で発表。近年は人のつながりと対話をテーマに「Wedding」展の企画、「TOKYO SOURCE」 編集長を務める。06年には、久々の自身の個展「FREE CAMEL」を開催。(photo:竹内スグル)

 TOKYO SOURCE 

東京発、未来を面白くする100人(インタビュープロジェクト/2005.3~)
TOKYO SOURCE

TS

 FREE CAMEL 

rakuda


禁煙ブームのこの時代に、個人の自由と表現の可能性を問う自身久々の個展。煙草「CAMEL」のパッケージからラクダを解放、路上禁煙法で知られる千代田区のギャラリーに本物のひとこぶラクダを登場させます。会場ではラクダを見ながら、CAMELが無料で吸い放題。9月22日(金)たった一日開催予定!詳しくは↓
Free CAMEL Project
box

 インタビュー 

YAMAHAのフリーペーパー「Soul Switch」にインタビューを受けました。 →インタビュー全文 main

 カテゴリ目次 

カテゴリー

 コメント+トラックバック 

 Time is Money? 

 ブロとも申請フォーム 

  ブログ内検索  

  全ての記事を表示する  

  メールフォーム  

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 TRAVEL HETEROPIA All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。