SMOKING の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
  スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  いよいよ本日!FREE CAMEL。本物のラクダが出現!!!  -  2006.09.22.Fri / 05:28 
いよいよ本日!!!
---------------------------------------------------------
近藤ヒデノリ Exhibition
"FREE CAMEL"
9月22日(金)11:30-20:00
Gallery Surge(ギャラリー・サージ)
東京都千代田区岩本町2-7-13 渡辺ビル1F
03-4861-2561
JR神田駅 徒歩7分
都営新宿線 岩本町徒歩6分
営団日比谷線 小伝馬町徒歩6分

map

----------------------------------------------------------
終った後は、どこかで飲みも予定中!
店はまだ予約してないけど。

↓準備中の様子。ブログでの募集を見て急遽ボランティアに来てくれた前田さんサンクス!
1


↓社内に貼りまくられたパンフレットとポスター。
2

3

スポンサーサイト
No.268 / SMOKING /  comments(33)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  パンフレット!  -  2006.09.13.Wed / 10:14 
FREE CAMELのパンフレットがちょっと遅れて(ギリギリだ)今週末に出来る予定なのですが、一足先にここで紹介しちゃいます。デザイナー細川剛の発案で「くるくる巻くとA4横サイズの煙草型になる」という仕掛けで、丸めて透明の封筒に入れて発送予定っす(それにしても丸めるのが面倒だなぁ)。

↓クリックすると大きなサイズで見られます。
無断転送、勝手にダウンロード歓迎!周りの人にどんどん教えてもらえたらうれしいです。

(表)
表

(裏)
裏

No.267 / SMOKING /  comments(1)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  人生は一本の煙草  -  2006.07.04.Tue / 02:12 
人生は一本の煙草
燃え殻、灰、そして火、
慌てて吸い尽くす者もいれば
ゆっくり味わう者もいる
ーマヌエル・マチャード『アンダルシアの歌』

という引用から序論を始める「煙草は崇高である」。
今日、驚きの引退発表をしたサッカーの中田くんは、HPの日記で人生を旅にたとえていたが、こちらは煙草、ひねりが効いている。まだ読み終わってないけど、サルトル、ボードレール、コクトーなど、煙草を愛したヨーロッパの知識人たちと切り離せない煙草をめぐって「煙草とは何か?」を哲学的に分析する。それにしても煙草にまつわる本、いろんな切り口があって面白いなー。まだまだ届いてます。読み終わり次第、続けます…。

煙草は崇高である 煙草は崇高である
リチャード クライン (1996/12)
太田出版

この商品の詳細を見る


それにしても、中田君が突然引退発表したのには驚いた。
まだ現役バリバリなのに…去り際が潔いというべきか。
伝えられなかったこと、10年間で得た誇りと、決断。
「だから今、俺は、安心して旅立つことができる」
という旅への比喩はちょっと面映いが、
とにかくおつかれさま、そしてありがとうと言いたい。
いろいろマスコミにも叩かれてきたけど、
ほとんどの場合、僕も彼の言い分には納得する部分が多かった。
(特にひどいマスコミへの対応など)

彼を継ぐのは誰なのか?
いよいよ決定したオシム、新生日本代表も楽しみ!


No.254 / SMOKING /  comments(5)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△

 Translate Text 

 プロフィール 

self2


近藤ヒデノリ Hidenori Kondo
某広告代理店CMプランナー/クリエイティブ・ディレクター/TOKYO SOURCE編集長/美術家。
30カ国に渡る放浪の旅、CMプランナーとして4年間勤務後、NY大学/国際写真センター修士課程に留学。9.11直前に復職。以後、TVCMを中心に広告コミュニケーションをつくりながら、個人での表現活動もつづけている。留学中から季刊誌[A]の創刊・編集に携わる他、「Removed」「PLAY」「無重力スポーツ」など、日常に隠された権力を読み替える作品を国内外で発表。近年は人のつながりと対話をテーマに「Wedding」展の企画、「TOKYO SOURCE」 編集長を務める。06年には、久々の自身の個展「FREE CAMEL」を開催。(photo:竹内スグル)

 TOKYO SOURCE 

東京発、未来を面白くする100人(インタビュープロジェクト/2005.3~)
TOKYO SOURCE

TS

 FREE CAMEL 

rakuda


禁煙ブームのこの時代に、個人の自由と表現の可能性を問う自身久々の個展。煙草「CAMEL」のパッケージからラクダを解放、路上禁煙法で知られる千代田区のギャラリーに本物のひとこぶラクダを登場させます。会場ではラクダを見ながら、CAMELが無料で吸い放題。9月22日(金)たった一日開催予定!詳しくは↓
Free CAMEL Project
box

 インタビュー 

YAMAHAのフリーペーパー「Soul Switch」にインタビューを受けました。 →インタビュー全文 main

 カテゴリ目次 

カテゴリー

 コメント+トラックバック 

 Time is Money? 

 ブロとも申請フォーム 

  ブログ内検索  

  全ての記事を表示する  

  メールフォーム  

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 TRAVEL HETEROPIA All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。