ART の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
  スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  ビル・ヴィオラ「はつゆめ」  -  2007.01.09.Tue / 01:53 
昨日、森美術館で終了間近だったビル・ヴィオラの個展に行ってきた。彼の作品は以前にもいくつか見たことがあって、それほど好きなわけではないけれど、一応はビデオアートではビッグネーム、一応は代表作を一挙に見る機会として行って来たわけです。

会場では休日のせいか、思いのほか多めの人出。一瞬、となりでやっている福山雅治の写真展目当てかと思いきや、意外にもほとんどの人がビル・ヴィオラを見に来た様子。立地のせいもあるけど、現代美術の展示にこれだけの人が集まるのは、海外に近づいて来た感じで嬉しい。

感想としては、まず、マッチョだということ。モニュメンタルにでかいスクリーン。轟音。その割には画像の解像度が今イチだったり、男が火に包まれる作品での人間(おそらく作家本人)を包む火が合成だと丸見えなのが気になる。こういう技術面の甘さは、現代アートのビデオ作品によくあるけど、大きなサイズでいかにもハイアートとして見せようとしているだけに気になる。

もうひとつは、彼自身日本に滞在経験があり、禅寺などで大きな影響を受けたらしいけど、作品はとても二元論的だということ。前述の作品にしても、人が「水と火」に包まれる映像だし、別の作品「天と地」も、タイトルもそうだし、映像自体、上下向かい合わせに置かれたモニターに、赤ちゃんと老婆の映像がそれぞれ映しだされているというもの。対称的なものがそのまま、ほとんどがスローモーションという手法で作品化されている。「あ、またスローモーションだ…」という観客たちのつぶやきをたくさん聞いた。これだけスローモーションの映像を立て続けに見ること自体は珍しい体験ではある。時には80倍近くというスーパースロモーションだけに、しばらく見ていても写真か映像か判別がつかないほど。ただじっと見ていると、「あ、動いている」と分かる映像というのは、それはそれで新鮮ではあった。

ただ、以前に行ったうちの妻が言っていたように、この個展、そのほとんどがビデオを見せる暗い空間ということもあって、都会の真ん中で仮眠をとったり、瞑想するには絶好の場所だっただろう。彼が日本で影響を受けたというのは、その辺りだったのか…。
スポンサーサイト
No.287 / ART /  comments(74)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  スモールワールド&ビルの屋上  -  2006.11.13.Mon / 04:09 
土曜の夕方、知人から個展のオープニングの案内状が届いているのに気付いてしまい、CETのイベントの宣伝がてら、電話中だった新野君を無理矢理誘って、雨の中、清澄へ。駅に着くと、なんだか久しぶりなルームメート、田中君に遭遇。そのままみんなでギャラリーへ。そんなわけで久々に行ったギャラリーコンプレックス。ちょうど5つのギャラリーで同時オープニングパーティーしてて大にぎわいでした。

三島由紀夫みたいな軍服着て演説してる人がいる、と思ったら森村康正さんのパフォーマンス。そういえば、壁に展示されたどこかで見たモノクロ写真も、よく見ればすべて出演者は森村さん。いつものシリーズのドキュメント写真版というわけですが、今回の三島由起夫に扮して現代日本を憂うパフォーマンスはビデオもあり、森村氏、新境地か?

満員のお客を見ると、いつもの黒スーツを来た後藤繁雄さんもいる。寝不足な僕が挨拶すると、いきなり「目が死んでるぞ」と言われてちょっとがっくりしながら奥へ行くとヤマタカEYEがDJしていて、ジョニー・ワォーカーさんがDMを配っていて、右のギャラリーには木村友紀さんが、ギャラリー青山|目黒の青山さん、UNITED BAMBOOの青木さんも…。新野君に外人さんを紹介されて話してみると、以前に僕がARTiTで書いたポル・マロさん。さらに、CETに誘っていた作家の森さんも、写真家の在本さんもいて、ついでとばかりに2週間後に迫ったイベントの話。こういう日にここへ来ると、一気にみんなに会えるという、東京のアートシーンが狭さの逆証明。

あまりにも疲れていた僕と新野くんが切り上げて帰ろうとしていると、出口で以前に紹介された中島さんに会う。何の気なしに、帰途を聞くと「北千住」。ちょうど写真家の高田君からホームパーティやってると聞いていたので「ひょっとして?」と聞くとやはりそう(ここもつながっていたのか…)。ということで、勢いで3人で北千住、高田宅へ。着いてみるとFREE CAMELのTシャツを着た羊好きの高田洋三がいて、元UP LINKの高柳くんがいて…細野晴臣のDVDを横目に話し込む、it's a small worldな夜。

そして今日は朝から合気道~夜からは演出家/カメラマンの竹内さんの家へ。話には聞いていたが、あまりのロケーションとその部屋からの眺め…部屋のすべてにまず唖然。これまで2つあった僕の理想の住処のイメージにまたくっきりと刻まれた…。今日は、FREE CAMELで撮影して頂いた写真を見にいったのだけど、映画、CM、PVと本気で「表現」を追求している竹内さんとの、そのままTSでのインタビューに載せたいようなディープな話…ついつい夜中まで居座ってしまった。

No.276 / ART /  comments(41)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  当日ドキュメント!!!  -  2006.09.25.Mon / 02:58 
朝10時。トラックからラクダ登場!

1

千代田区に降り立つ!

3

通りがかりの見物人たち。

ひt

そして、ラクダ入場。初めは入るのをいやがり、かなりムズがっていました…。

4


用意してあったストロボとともに、竹内さんが8x10でバシャバシャ撮影開始。バシャバシャバシャ。動きまくるラクダがなかなかフレームに入らない…。そんなラクダに巨大煙草(わらをつめたもの)くわえさせて挑戦。

up


そして撮れた!奇跡の1枚+やっぱラクダに似てる?僕。8x10カメラだけにそり残しの髭まで見えるほど細密!このセットで今度大きく(横幅一枚1メートルくらい)引き延ばします。

2shot

228

そして、外のスペースではCAMELが無料で(FREE)吸い放題!
路上禁煙条例で知られる千代田区に突如喫煙スペースが現れました。
ついつい普段吸わない人も吸っちゃったりして、ちょっと罪悪感。笑。

5

それにしてもラクダ人気はすごかった…。

surge

近所で事務所をもつ若手建築家たちも芋ずる式に来場。

6

会社帰りのサラリーマンも多数来場。子供も、おばさんも、普段ギャラリーに来なさそうな人たちがラクダパワ-で続々噂を聞きつけてやってくる。記念撮影でお金とったら儲かっただろうなあ(それじゃ、エジプトとか鳥取砂丘と同じだけど・笑)

jun

salaryman

sad

当ブログでの煙草つながりの濃い~メンツ、sadmanさんとpierreさんにも初めて会えたり、「Go Smoking」会長さんも来ていただくなど、このブログのオフ会的のりも。
会場では煙草つながり、煙草を吸わない人ももちろん、アート系、広告系、通りがかりのおじさん、おばさん、子供が入り交じり、ふつうギャラリーではあんまり見ない濃い面々。ほんと煙草と同様、いい感じのコミュニケーション空間になって楽しかったっす!

そして長い一日が終わり、一旦会場はラクダだけに。

inside


外で、最後のセレモニー?「ラクダの退場」を待つ…。

10


会場を出るのをいやがってゴネまくるラクダ。3人がかりで何とか会場を出そうとするが、首をブンブン振ってムズがるラクダ。会場のガラスに触れないかヒヤヒヤものの僕。

out

暗闇の中をトラックへ…。

dark

トラックに戻るのも嫌がるラクダも、なんとかトラックへ収まる…。これにて終了!

final

会場に残ったフン。みなさん、おつかれさまでした。当日手伝ってくれた、こぶたさん(前田ちゃん)ありがとう!

12


今週中には動画もアップ予定です!




No.270 / ART /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△

 Translate Text 

 プロフィール 

self2


近藤ヒデノリ Hidenori Kondo
某広告代理店CMプランナー/クリエイティブ・ディレクター/TOKYO SOURCE編集長/美術家。
30カ国に渡る放浪の旅、CMプランナーとして4年間勤務後、NY大学/国際写真センター修士課程に留学。9.11直前に復職。以後、TVCMを中心に広告コミュニケーションをつくりながら、個人での表現活動もつづけている。留学中から季刊誌[A]の創刊・編集に携わる他、「Removed」「PLAY」「無重力スポーツ」など、日常に隠された権力を読み替える作品を国内外で発表。近年は人のつながりと対話をテーマに「Wedding」展の企画、「TOKYO SOURCE」 編集長を務める。06年には、久々の自身の個展「FREE CAMEL」を開催。(photo:竹内スグル)

 TOKYO SOURCE 

東京発、未来を面白くする100人(インタビュープロジェクト/2005.3~)
TOKYO SOURCE

TS

 FREE CAMEL 

rakuda


禁煙ブームのこの時代に、個人の自由と表現の可能性を問う自身久々の個展。煙草「CAMEL」のパッケージからラクダを解放、路上禁煙法で知られる千代田区のギャラリーに本物のひとこぶラクダを登場させます。会場ではラクダを見ながら、CAMELが無料で吸い放題。9月22日(金)たった一日開催予定!詳しくは↓
Free CAMEL Project
box

 インタビュー 

YAMAHAのフリーペーパー「Soul Switch」にインタビューを受けました。 →インタビュー全文 main

 カテゴリ目次 

カテゴリー

 コメント+トラックバック 

 Time is Money? 

 ブロとも申請フォーム 

  ブログ内検索  

  全ての記事を表示する  

  メールフォーム  

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 TRAVEL HETEROPIA All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。