DIARY の記事一覧 
NEXT PAGE ≫
  スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  HAPPY NEW YEAR!  -  2007.01.03.Wed / 01:02 
あけましておめでとうございます。

何の予定も立てていなかった年末は、急遽,妻の実家のある福岡へ。
新幹線で片道5時間、本と雑誌をたくさん買い込んで、つまみとビールと…なかなかいい移動時間でした。そして正月はひたすら食って飲んで寝て…去年後半の猛烈な日々の疲れから、だいぶリフレッシュできたような。(そういえば、10年ぶりくらいに「紅白歌合戦」も見て、けっこうカルチャーショック。メジャーとか、メインストリームってなんなんだろう。僕を含めてあまりテレビを見ない人が増えている中、どんどんと各人の島宇宙化が進行している気がする。)

ちなみに去年は僕自身、なんだかんだ、いろいろ動いた年でした。
年始から年末までコンスタントにCMをつくり(そういえば去年からCMだけでなく、ポスターやウェブまで本格的につくるようになった。来年2月からは今制作中のものが一斉に開始予定)、TOKYO SOURCEではオープンミーティングを開催(その分インタビュー自体の数はこなせず…今年はもっとたくさんインタビューしたい)、久々の個展(ラクダのやつです)、年末にはグループ展(CET2006)。
一緒に仕事してくれた方々、参加してくれた方、手伝ってくれた方々、ありがとうございました!

やればやるだけ反省とか、次はこうしようとか見えてくるわけで、
今年も、また去年以上にいろいろつくっていきたいと思っています。

気付けば、今年はすでに30代後半…。
このままもっともっと勢いを加速して、30代後半に突入したい。

今年も引き続き、よろしくお願いします。

07card




スポンサーサイト
No.284 / DIARY /  comments(88)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  CET終幕、タイに到着。  -  2006.12.04.Mon / 04:46 
おかげさまで、日本橋界隈で10日間開催されていたCET06も今日で終幕しました!!!

準備時間のない中でしたが、あえて「日本発、フラットな社会以降の新しい美術の流れ」という大風呂敷をあえて広げてみたこともあって、いろいろ真剣なトークが出来たり、様々な人から反応をもらえた。今の時代にアートという(一般的にはマイナー分野)の一線にいる表現者たちと集まる場がつくれたこと、そこで、これからの時代の表現の可能性を感じられたのが大きい。今後も、当初掲げた「evoving concept」のとおり(もろもろ、今回のことを随時、TSやこのブログで書いていきたいと思います)これを機会に次へと発展させていきたい。今度はもっと、ドカンとやりたいところ。とりあえず、参加してくれた作家のみなさん、おつかれさま&ありがとうございました!!!

土曜は、アーティスト土屋貴哉に1年ほど前にTSで行ったインタビュー映像を流しながら、その前でまったく同じ質問をする公開インタビュー(想像していた以上に面白かった。後日、TSで発表します)。途中から僕の叔父、ソンタグの「写真論」を翻訳している近藤耕人さんが飛び入りしてくれてまたディープ&シリアスで面白い展開に。

その後のプレクロージングパーティーでは在本さん(今度は前回とはまた違う編集での新作!)と飛び入りの(銀座で個展を終えたばかりの)井島健至、高田洋三(未発表新作、迫力が増してカッコよかった!!)の3人のスライドショー!!最後にかけつけてくれた大勢のお客さんと金曜に引き続いてしこたま飲み。そのまま新野君らと六本木の激安中華へ。またしても激しい週末(ちなみに金曜は仕事を終えて深夜から、赤のれん~SDLXへ。適度に空いた会場でCETで知り合ったNY在住のデザイナーで今月のAXISの表紙、ゲルマンさん、会場で偶然会った旧友の建築家、長岡勉ちゃんらと朝まで踊り明かし…)。

そして今日、夕方から飛行機に乗り、さっき、タイに到着。明日からこちらの某企業のCMのテスト撮影~撮影、8日の夜にこっちを出て9日の朝、そのまま別のCM撮影の現場に直行。5日間撮影してその翌日からまたタイで仕上げ作業~東京に戻って別件の仕上げ作業と、25日までノンストップな死のロード…。

改めてまたゆっくり話したい方々…
年末にはすこしゆっくりできそうなので、
鍋でもゆっくりつつきましょう!!!
No.280 / DIARY /  comments(80)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  新橋ナイト  -  2006.05.27.Sat / 03:05 
仕事仲間と新橋で飲み。
最近、新橋にあるプロダクションと仕事することが続いていることもあって、この界隈で仕事帰りに飲んだり食べたりすることが多いけど、さすがサラリーマン天国!奥が深いというか、外れがないなー。今晩行った「舞浜」も、店内はほぼ100%、スーツを着たサラリーマン。おそらくフリーの人は僕らと一緒にいる演出家ひとり、というような感じ(ジャンパー姿の別の意味でのフリーっぽい人もいるにはいたが)だった。それにしても旅先かと思うような新鮮な刺身盛りには驚きました。新橋サイコー!
No.239 / DIARY /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△

 Translate Text 

 プロフィール 

self2


近藤ヒデノリ Hidenori Kondo
某広告代理店CMプランナー/クリエイティブ・ディレクター/TOKYO SOURCE編集長/美術家。
30カ国に渡る放浪の旅、CMプランナーとして4年間勤務後、NY大学/国際写真センター修士課程に留学。9.11直前に復職。以後、TVCMを中心に広告コミュニケーションをつくりながら、個人での表現活動もつづけている。留学中から季刊誌[A]の創刊・編集に携わる他、「Removed」「PLAY」「無重力スポーツ」など、日常に隠された権力を読み替える作品を国内外で発表。近年は人のつながりと対話をテーマに「Wedding」展の企画、「TOKYO SOURCE」 編集長を務める。06年には、久々の自身の個展「FREE CAMEL」を開催。(photo:竹内スグル)

 TOKYO SOURCE 

東京発、未来を面白くする100人(インタビュープロジェクト/2005.3~)
TOKYO SOURCE

TS

 FREE CAMEL 

rakuda


禁煙ブームのこの時代に、個人の自由と表現の可能性を問う自身久々の個展。煙草「CAMEL」のパッケージからラクダを解放、路上禁煙法で知られる千代田区のギャラリーに本物のひとこぶラクダを登場させます。会場ではラクダを見ながら、CAMELが無料で吸い放題。9月22日(金)たった一日開催予定!詳しくは↓
Free CAMEL Project
box

 インタビュー 

YAMAHAのフリーペーパー「Soul Switch」にインタビューを受けました。 →インタビュー全文 main

 カテゴリ目次 

カテゴリー

 コメント+トラックバック 

 Time is Money? 

 ブロとも申請フォーム 

  ブログ内検索  

  全ての記事を表示する  

  メールフォーム  

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 TRAVEL HETEROPIA All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。