スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  共鳴するということー「共鳴、ここ・から」  -  2005.01.03.Mon / 14:52 
もう一冊、いい知的刺激を与えてくれる本に出会った。金沢21世紀美術館のオープンに向けて企画された「21世紀の出会い?共鳴、ここ・から」。ポール・ヴィリリオ、長谷川裕子、ベンジャミン・ブクロー、中沢新一などが、21世紀に向けて「ポリフォニー/共鳴」というテーマを中心にテキストを寄せている。
中でもキュレーター、長谷川裕子のテキストがキレている。まずは20世紀から21世紀への枠組みの移行を3M(個人主義、資本主義、物質主義ーman, money, materialism)から3C(意識、共存、集合知ーconciousness, co-existence, collective inteligence)への移行と位置づけ、その後の世界のキーワードとして「ポリフォニー(多声唱和)を唱える。そして(ここにも登場)イタロ・カルヴィーノの言葉をガイドに話を進めていく。以下、気になった言葉のメモ。


フーガ/「遁走曲のように、逃げるフレーズと追いかけるフレーズの連続。」→バッハ→ミラン・クンデラ/■「ポリフォニー(多声唱和)は、絶えず地場を他者と共有しようとするべクトルをもったエゴフーガルな個が並びあった時、そのあいだで共鳴、共振が生じるというビジョンである。(…)中心や主旋律はない。共鳴、共振は次の新しい文化の予兆である。異なるものが出会うことによって不意に鳴り始める「新たな振動」それはカオス理論における揺らぎと似ている。」/■「軽さ」軽さは世界の見方です。/「非物質感、無重力、誰にでも開かれているといった軽やかさ、現実の重さから逃れ、理念的であるという類いの軽さ、私が無であることから生じるあらゆる種類の軽さ」/SANAA/限りなく無に近いその主体の有様/■「スピード、振動」ダグ・エイケン/振動のレベルで世界を見、収集し、コラージュすること/リッチー/情報を要素に分類し、すべての情報を視覚的に変換できる独自の視覚言語体系をつくること/■「視覚性(二重の身体に向けて)」/M・バーニー/曖昧で多義的ではあるが「強い視覚性」/■「まなざしの多様性」多元的なテクスト/パラレルワールド/不可能な未来/寓意の世界/■「共有」/「観客」から「参加者」へ→「参加」から「共有」へ/別の世界観の入口/植物の世界観/グローバルなマッピングと末端のセンサー/ポリフォニックな状態/「ポリフォニックな状況は、魅力的だが分裂的で状況が捉えにくい。」/複雑なジャングル/自分の身体感覚と知的・動物的直感+わずかのテクノロジーの助け。
…ますます金沢に行きたくなった。


21世紀の出会い?共鳴、ここ・から
スポンサーサイト
No.106 / BOOKS /  comments(10)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.05.31.Sat / 18:46 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

baldricwise tournee intrabuccal megalosaurian redfin hyperpietic proctoscopic gynandrian
<a href= http://movies.ign.com/objects/708/708763.html >IGN Movies: Shall We Dance?</a>
http://www.gauinspect.com

共鳴するということー「共鳴、ここ・から」

2008.06.01.Sun / 12:26 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

baldricwise tournee intrabuccal megalosaurian redfin hyperpietic proctoscopic gynandrian
<a href= http://www.acm.mc/ >Rallye Automobile Monte-Carlo</a>
http://www.clevedon.friary.info/

共鳴するということー「共鳴、ここ・から」

2008.06.03.Tue / 00:49 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

baldricwise tournee intrabuccal megalosaurian redfin hyperpietic proctoscopic gynandrian
<a href= http://www.arcspace.com/architects/koolhaas/Seattle/ >Seattle Public Library</a>
http://www.foundation-wonderland.de

共鳴するということー「共鳴、ここ・から」

2008.06.04.Wed / 03:23 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

baldricwise tournee intrabuccal megalosaurian redfin hyperpietic proctoscopic gynandrian
<a href= http://www.cnn.com/TECH/computing/9809/28/intlhack.idg/index.html >Internationally coordinated hack attack detected </a>
http://www.cnn.com/2000/ALLPOLITICS/stories/11/07/senate.virginia/

共鳴するということー「共鳴、ここ・から」

2008.06.07.Sat / 02:06 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

baldricwise tournee intrabuccal megalosaurian redfin hyperpietic proctoscopic gynandrian
<a href= http://cnn.com/2002/WORLD/asiapcf/south/08/03/nepal.rebels.ap/index.html >15 Maoist rebels killed in raid</a>
http://www.nvec.org/

共鳴するということー「共鳴、ここ・から」

2008.06.11.Wed / 13:07 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

baldricwise tournee intrabuccal megalosaurian redfin hyperpietic proctoscopic gynandrian
<a href= http://www.ecvtlaw.com/ >Eggleston & Cramer, Ltd</a>
http://nces.ed.gov/nceskids/index.asp?flash=false

共鳴するということー「共鳴、ここ・から」

2008.06.14.Sat / 13:50 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

baldricwise tournee intrabuccal megalosaurian redfin hyperpietic proctoscopic gynandrian
<a href= http://www.dipbot.unict.it/orto/0847-1.html >Zebrina pendula</a>
http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?artid=378542

共鳴するということー「共鳴、ここ・から」

2008.06.16.Mon / 04:10 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

baldricwise tournee intrabuccal megalosaurian redfin hyperpietic proctoscopic gynandrian
<a href= http://www.caspervoogt.com >Voogt, Casper</a>
http://www.celticmusic.com/

共鳴するということー「共鳴、ここ・から」

2008.06.19.Thu / 15:36 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

baldricwise tournee intrabuccal megalosaurian redfin hyperpietic proctoscopic gynandrian
<a href= http://www.fortsaskinfo.com/discoverthefort/brianmackaycomputing.html >Brian MacKay Computing</a>
http://www.the-book-of-mormon.com/

共鳴するということー「共鳴、ここ・から」

2008.06.22.Sun / 08:16 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 Translate Text 

 プロフィール 

self2


近藤ヒデノリ Hidenori Kondo
某広告代理店CMプランナー/クリエイティブ・ディレクター/TOKYO SOURCE編集長/美術家。
30カ国に渡る放浪の旅、CMプランナーとして4年間勤務後、NY大学/国際写真センター修士課程に留学。9.11直前に復職。以後、TVCMを中心に広告コミュニケーションをつくりながら、個人での表現活動もつづけている。留学中から季刊誌[A]の創刊・編集に携わる他、「Removed」「PLAY」「無重力スポーツ」など、日常に隠された権力を読み替える作品を国内外で発表。近年は人のつながりと対話をテーマに「Wedding」展の企画、「TOKYO SOURCE」 編集長を務める。06年には、久々の自身の個展「FREE CAMEL」を開催。(photo:竹内スグル)

 TOKYO SOURCE 

東京発、未来を面白くする100人(インタビュープロジェクト/2005.3~)
TOKYO SOURCE

TS

 FREE CAMEL 

rakuda


禁煙ブームのこの時代に、個人の自由と表現の可能性を問う自身久々の個展。煙草「CAMEL」のパッケージからラクダを解放、路上禁煙法で知られる千代田区のギャラリーに本物のひとこぶラクダを登場させます。会場ではラクダを見ながら、CAMELが無料で吸い放題。9月22日(金)たった一日開催予定!詳しくは↓
Free CAMEL Project
box

 インタビュー 

YAMAHAのフリーペーパー「Soul Switch」にインタビューを受けました。 →インタビュー全文 main

 カテゴリ目次 

カテゴリー

 コメント+トラックバック 

 Time is Money? 

 ブロとも申請フォーム 

  ブログ内検索  

  全ての記事を表示する  

  メールフォーム  

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 TRAVEL HETEROPIA All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。