スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  Merry X'mas  -  2004.12.25.Sat / 23:32 
Vコンテ編集で徹夜して明けたらいつのまにかクリスマスイブになっていて(Vコンテってのはふつう、コンテ屋による絵をつないだビデオ紙芝居みたいなものだが、編集技術の進歩はすさまじい。レイヤーに分かれた絵を使い、ほぼアニメーションのように出来上がった。相当な完成度ではあるが、プレゼン用。競合だとこういう余計な労力がかかる…)、あれよあれよと夜になり、すでにイブを過ぎた頃に仕事を終えて帰って来たあゆみと慌てて近所のスーパーでスペアリブとチーズとサラダ用の野菜を買いに走り、以前にもらってきたウーヴクリコのシャンペンを開けて、ルームメートの崇と駆け込みメリークリスマス!ちなみに僕からのプレゼントはドイツ製肩もみ棒で、彼女からのは靴下。なんとも実用的だ。

ついでにクリスマスプレゼンと代わりに最近読んだ本を2冊を紹介。
久しぶりに読んだミラン・クンデラの初期代表作。久しぶりだったせいか、はじめクンデラ節に慣れずちょっととまどうが、同じストーリーを様々な角度からバッハの変奏形式で形を変えて語りつづける彼独特のスタイルを存分に楽しむ。

もう一冊も、久しぶりに浅田彰の本。すでに10年以上も前に出た本で、彼がサイードやジジェク、ヴィリリオ、バラードなどの世界の知識人と対談したもの。対談形式だけに読みやすいが、こんなそうそうたるメンツを相手に、それぞれとほぼ対等以上に対話する彼はやはり恐るべし。そして、10年経った今読むと、この本が今の世界状況の予言書だったように思える。

てな感じですが、今から代官山Airでの大沢伸一の主催するパーティーに行ってきます。
クリスマスにクラブでのパーティーに行くなんて、いつ以来だろう…。

笑いと忘却の書

「歴史の終わり」を超えて
スポンサーサイト
No.119 / BOOKS /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 Translate Text 

 プロフィール 

self2


近藤ヒデノリ Hidenori Kondo
某広告代理店CMプランナー/クリエイティブ・ディレクター/TOKYO SOURCE編集長/美術家。
30カ国に渡る放浪の旅、CMプランナーとして4年間勤務後、NY大学/国際写真センター修士課程に留学。9.11直前に復職。以後、TVCMを中心に広告コミュニケーションをつくりながら、個人での表現活動もつづけている。留学中から季刊誌[A]の創刊・編集に携わる他、「Removed」「PLAY」「無重力スポーツ」など、日常に隠された権力を読み替える作品を国内外で発表。近年は人のつながりと対話をテーマに「Wedding」展の企画、「TOKYO SOURCE」 編集長を務める。06年には、久々の自身の個展「FREE CAMEL」を開催。(photo:竹内スグル)

 TOKYO SOURCE 

東京発、未来を面白くする100人(インタビュープロジェクト/2005.3~)
TOKYO SOURCE

TS

 FREE CAMEL 

rakuda


禁煙ブームのこの時代に、個人の自由と表現の可能性を問う自身久々の個展。煙草「CAMEL」のパッケージからラクダを解放、路上禁煙法で知られる千代田区のギャラリーに本物のひとこぶラクダを登場させます。会場ではラクダを見ながら、CAMELが無料で吸い放題。9月22日(金)たった一日開催予定!詳しくは↓
Free CAMEL Project
box

 インタビュー 

YAMAHAのフリーペーパー「Soul Switch」にインタビューを受けました。 →インタビュー全文 main

 カテゴリ目次 

カテゴリー

 コメント+トラックバック 

 Time is Money? 

 ブロとも申請フォーム 

  ブログ内検索  

  全ての記事を表示する  

  メールフォーム  

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 TRAVEL HETEROPIA All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。