スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  PointーFree Wall  -  2004.12.14.Tue / 02:39 
土曜日は、恵比寿にあるギャラリーpointで行われたグループ展/DJイベントに行って来た。この場所、以前このブログでも紹介した写真家の高田洋三くんと、建築家の古井くんらが運営しているところで、時々遊びに行かせてもらっている。

今回ぼくは、200pくらいのイメージとテキストから成る「100 options」という作品を、ファイルとPCによるスライドショーという形で展示。写真集のようでそうでなく、旅の本のようでそうでない、過去/未来の僕の作品の索引/注釈ともいえるこの作品は、今年の初めに、突如気になる反対語を選び出したところから始まっている。夏前から少しずつ写真や引用を加え、言葉を出しては入れ替え、つくり続けてる。

正直、あまりのテーマの広さと量の多さに、自分でも途中でわけが分からなくなったり、こんなことを延々とやってる自分が気違いに思えたりもしたけど、それでも以前appelで展示したversion7.1に続いて、今回がversion 12.1。とにかく少しずつ形になりだして、やっと仕上がりが見え始めてきている。
appelでの展示でもそうだったように、こういう場所でいろんな人から反応を聞けたり、すごく気に入ったとか、買いたいなんて言ってくれる人がいると素直にうれしいし、励みにもなる。


point
スポンサーサイト
No.124 / ART /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 Translate Text 

 プロフィール 

self2


近藤ヒデノリ Hidenori Kondo
某広告代理店CMプランナー/クリエイティブ・ディレクター/TOKYO SOURCE編集長/美術家。
30カ国に渡る放浪の旅、CMプランナーとして4年間勤務後、NY大学/国際写真センター修士課程に留学。9.11直前に復職。以後、TVCMを中心に広告コミュニケーションをつくりながら、個人での表現活動もつづけている。留学中から季刊誌[A]の創刊・編集に携わる他、「Removed」「PLAY」「無重力スポーツ」など、日常に隠された権力を読み替える作品を国内外で発表。近年は人のつながりと対話をテーマに「Wedding」展の企画、「TOKYO SOURCE」 編集長を務める。06年には、久々の自身の個展「FREE CAMEL」を開催。(photo:竹内スグル)

 TOKYO SOURCE 

東京発、未来を面白くする100人(インタビュープロジェクト/2005.3~)
TOKYO SOURCE

TS

 FREE CAMEL 

rakuda


禁煙ブームのこの時代に、個人の自由と表現の可能性を問う自身久々の個展。煙草「CAMEL」のパッケージからラクダを解放、路上禁煙法で知られる千代田区のギャラリーに本物のひとこぶラクダを登場させます。会場ではラクダを見ながら、CAMELが無料で吸い放題。9月22日(金)たった一日開催予定!詳しくは↓
Free CAMEL Project
box

 インタビュー 

YAMAHAのフリーペーパー「Soul Switch」にインタビューを受けました。 →インタビュー全文 main

 カテゴリ目次 

カテゴリー

 コメント+トラックバック 

 Time is Money? 

 ブロとも申請フォーム 

  ブログ内検索  

  全ての記事を表示する  

  メールフォーム  

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 TRAVEL HETEROPIA All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。