スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  暑い、暑い、、、  -  2005.08.08.Mon / 02:16 
暑い日が続くけど、我が家は結局今年の夏も一度もエアコンを使わずにいきそう(まあ壊れてるんだけど、もともと好きじゃない)。築50年の和風の一軒家ということもあって風通しがいいので、扇風機があれば十分なのです。朝はさすがに日が差し込んで額に汗ダラダラだけど。ちょっとでも環境に優しい生活。

水曜日:夜からTSでグラフィティーアーティストのKAMIにインタビュー。彼の家もエアコンを使わないつながりだったようで、常温の中で熱い話しを聞いてきた。その模様は今月末にアップ予定。その後はカメラマンのNOJYOと3人で近所の焼肉で焼きまくる。

木曜日:アーティストの中村ケンゴさんに制作中の本を見せがてら銀座で飲み歩き。彼にあえて日本画の画材を使う理由を聞いた時に言ってた、エロスという言葉が気になった。CGとかぺらっとしたデジタルのものにはない、日本画材で書き込まれてるというようなアナログの情報量のこと。たしかに僕らの目ってそういうのを瞬時に見分ける以上な高解像度をもっている。SWだって、CGのシーンになるとすぐわかるし、昔のプラモを使った特撮や着ぐるみのチューバッカなんかの方が断然魅力的。そんなこんなで途中で終電を逃したことに気づいて、もういっか、とさらに2軒。久しぶりにかなり泥酔。携帯を忘れて冷や汗。

日曜日:葉山の海の家で行われた、TSにも参加してくれている写真家I君の結婚式へ。海の家でっていうのは初めてだったけど、いいなぁ。しかも新郎が自然の風景を撮る写真家で、新婦は陶芸家、新婦の父もトンバ文字にこだわる某有名アートディレクターとくれば、波の音の聞こえる自然の場所はまさにぴったり。そして暗くなってきたところで生演奏とスライドショー。ほんとに、いい結婚式でした。ビーチでゴミ拾いに来ていたgreen birdのハセベケンにばったり会ったのにも驚いた。


明日から夏休みがてらベネチア・ビエンナーレを見に行ってきます。
2年に一回のこのビエンナーレ、日本ではあんまり話題になってない気がするけどものすごい規模のアートの祭典なのです。4年前に一度行ってるので、今回が2回目。楽しみ。返ってきたらTSの方ででもレポートします。ではでは。
スポンサーサイト
No.21 / DIARY /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△
from NS

久しぶりです。ベネチアかぁ、いいなぁ。また状況教えて下さい。

2005.08.08.Mon / 07:34 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from shinya furui

ベネチアいってらっしゃい!
うちらは明日から長野・金沢旅行。
帰って来たらいろいろ聞かせて。

2005.08.08.Mon / 19:19 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 
お盆前の、アップしていなかったことを、今さらながら。近藤ヒデノリ君から、「作品を見てほしい」とのメールが届いた。なんだろう、そんなあらたまって、いやいやちょっと飲みましょうよ、ということで。こういうのって、女性からより男性からのほうがキンチョウし....ベネ
2005.08.27.Sat .No10 / The World According to Kengo / PAGE TOP△

 Translate Text 

 プロフィール 

self2


近藤ヒデノリ Hidenori Kondo
某広告代理店CMプランナー/クリエイティブ・ディレクター/TOKYO SOURCE編集長/美術家。
30カ国に渡る放浪の旅、CMプランナーとして4年間勤務後、NY大学/国際写真センター修士課程に留学。9.11直前に復職。以後、TVCMを中心に広告コミュニケーションをつくりながら、個人での表現活動もつづけている。留学中から季刊誌[A]の創刊・編集に携わる他、「Removed」「PLAY」「無重力スポーツ」など、日常に隠された権力を読み替える作品を国内外で発表。近年は人のつながりと対話をテーマに「Wedding」展の企画、「TOKYO SOURCE」 編集長を務める。06年には、久々の自身の個展「FREE CAMEL」を開催。(photo:竹内スグル)

 TOKYO SOURCE 

東京発、未来を面白くする100人(インタビュープロジェクト/2005.3~)
TOKYO SOURCE

TS

 FREE CAMEL 

rakuda


禁煙ブームのこの時代に、個人の自由と表現の可能性を問う自身久々の個展。煙草「CAMEL」のパッケージからラクダを解放、路上禁煙法で知られる千代田区のギャラリーに本物のひとこぶラクダを登場させます。会場ではラクダを見ながら、CAMELが無料で吸い放題。9月22日(金)たった一日開催予定!詳しくは↓
Free CAMEL Project
box

 インタビュー 

YAMAHAのフリーペーパー「Soul Switch」にインタビューを受けました。 →インタビュー全文 main

 カテゴリ目次 

カテゴリー

 コメント+トラックバック 

 Time is Money? 

 ブロとも申請フォーム 

  ブログ内検索  

  全ての記事を表示する  

  メールフォーム  

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 TRAVEL HETEROPIA All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。