スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  作者の死?  -  2006.02.05.Sun / 14:23 
雨。休日。溜まってしまったTSの原稿を書いてる合間に、久しぶりにmixiで知人の日記をサーフィン、美術家の奥村雄樹くんのブログへのコメントのつもりで思ったら、だらだらと長くなったひとり言めいてきたので改めてここに書き直してみる。



小説の自由


奥村くんがとりあげていた保坂和志のちょっと前の新刊「小説の自由」は、僕も彼と同様に「小説」のところを「アート」に読み替えて読んでいて(ところどころ専門的になりすぎて飛ばしよみしていたが)、それを読んで奥村くんが書いている、「作者」と「作品」の関係/作者に作品の意味を求めること/「作者中心主義」的な読解の無用さは、僕が去年からTOKYO SOURCE(TS)をやりつつも、それまで基本的に支持していたバルトやフーコー、デリダらフランス現代思想家たちの「作者の死」的な考え方との整合性のとれなさに、実のところ常々考えていたことでもあった。

その音楽の<作者>とは誰か リミックス・産業・著作権
もともと僕が「作者の死」という考え方に興味をもったのは、クラブとかによく出入りしてて「リミックス」とか「カバー」に触れた後に、先のフランス系思想家の本を読んだからなのだが、作者の死による読者の誕生→作品(テキスト)の自由な読解の可能性ということに多いに惹かれつつも(NY時代に英語で読まざる得なくて理解度が少なく、帰ってから日本語で読み直してもなお今イチわからず/ちなみに当時つくった「消されたファッションモデル」という作品もその辺の意図もあった)若干の疑問点が消えずにいたて、ちょっと前にも「作者」という概念を音楽分野で考察している本を読んだりしていた(これはこれで作品に唯一の作者がいた「ディスク文化」の時代と「作者」の概念が拡散する「リミックス文化(たしかそう書いてあったような)」という分け方も明快ではあった)。有限責任会社
零度の文学

それでこの冬に読んだのが加藤典洋の「テクストから遠くはなれて」(この本も「小説」を「アート」と読み替えながら読んでいたりするんだけど)で、この中でバルト、デリダ、フーコーらの言う「作者の死」の概念の穴と可能性が納得できたような気がしている。


テクストから遠く離れて

僕は今まで、彼らフランス現代思想家の言う大きくはテキスト論的な「作者」と「作品」は完全に独立したもので、作品は作家とは完全に切り離して読解するべきだという考え方に深く共感しつつ、

「とはいえ、作者と作品が全く無関係ではないんじゃない?作者が唯一の意味の源泉ではないけど、じゃあ自伝的な要素のある作品はどうするの?「作者」の別の作品とがつくりだす文脈があってもいいんじゃない?」
とか思っていた。

それに対して加藤氏は作者ではなく「作者の像」という考え方をもってきていて、読む側は作品を読む中で、作者そのものに遡行するのではなく「作者の像」を思い浮かべながら読むのだと。ここでいう「作者の像」とは実在の「作者」とはつながっていない。

僕はインタビューをしながら常に、常にインタビュイーが「本当のこと」を言っているとは思っていなくて、あくまでも彼/彼女が話しているのは「自分がつくりあげたい作者像」であって、いわば、ふたりで架空の作者像をつくりあげているようなものだと思っていた(トークライブでも土屋くんとの話しで、そういうことを話した)。逆にそういう意識がインタビューする側になくて、作者の言ってることが全部本当だと思ったりすると痛い目に遭うだろう。(ちなみに昨日、六本木で話した某超有名写真家も、去年の個展で受けた300件!というインタビューでたまに「完全に嘘を言い通している」と言っていたが、それを見抜けない相手も相手だし、あえてそうする彼のスタンスが作品とも関連して面白い)

そういう意味でTSでやっているのは、あくまでも作品の唯一の意味、答えとしての作者の考えを聴こうとしているのではなく、作品から遡行される「作者の像」をインタビュー/対話を通じて、共謀してつくっていく行為だと。だからTSで書かれている「作者の像」=「作者」ではないし、そこに書かれていることがその作品への唯一の読解ではない。TSに書かれているのは作品を解読する「ひとつの」方法で、読者へ開かれたソースにすぎないのだ。



スポンサーサイト
No.225 / BOOKS /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 Translate Text 

 プロフィール 

self2


近藤ヒデノリ Hidenori Kondo
某広告代理店CMプランナー/クリエイティブ・ディレクター/TOKYO SOURCE編集長/美術家。
30カ国に渡る放浪の旅、CMプランナーとして4年間勤務後、NY大学/国際写真センター修士課程に留学。9.11直前に復職。以後、TVCMを中心に広告コミュニケーションをつくりながら、個人での表現活動もつづけている。留学中から季刊誌[A]の創刊・編集に携わる他、「Removed」「PLAY」「無重力スポーツ」など、日常に隠された権力を読み替える作品を国内外で発表。近年は人のつながりと対話をテーマに「Wedding」展の企画、「TOKYO SOURCE」 編集長を務める。06年には、久々の自身の個展「FREE CAMEL」を開催。(photo:竹内スグル)

 TOKYO SOURCE 

東京発、未来を面白くする100人(インタビュープロジェクト/2005.3~)
TOKYO SOURCE

TS

 FREE CAMEL 

rakuda


禁煙ブームのこの時代に、個人の自由と表現の可能性を問う自身久々の個展。煙草「CAMEL」のパッケージからラクダを解放、路上禁煙法で知られる千代田区のギャラリーに本物のひとこぶラクダを登場させます。会場ではラクダを見ながら、CAMELが無料で吸い放題。9月22日(金)たった一日開催予定!詳しくは↓
Free CAMEL Project
box

 インタビュー 

YAMAHAのフリーペーパー「Soul Switch」にインタビューを受けました。 →インタビュー全文 main

 カテゴリ目次 

カテゴリー

 コメント+トラックバック 

 Time is Money? 

 ブロとも申請フォーム 

  ブログ内検索  

  全ての記事を表示する  

  メールフォーム  

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 TRAVEL HETEROPIA All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。