スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  最近のこと  -  2005.07.17.Sun / 02:30 
ここに書くのを一月くらいご無沙汰してしまった。
このところ広告仕事の方で某お茶のこの秋と来年のキャンペーン、某デジカメブランドの企画/プレゼン作業などが同時進行で徹夜が続いたりの滅茶苦茶な生活になっているからというのもあるけど、とはいえブログも書く暇が無いっていうわけでもないわけで、もうひとつの理由は友人の多くがSNSのミクシー内の日記に書き込んでいるのを見るにつれそっちで書くべきかと思ったり、TSの方でも「編集室」というブログを立てているので、どこで書くべきか迷い始めてしまったのだ…。ブログでどうせ書くなら今までみたいにいろんな話題を書き流すより、もう少しテーマを絞ってちゃんと考えて書いた方がいいのかなとか…まだ結論も出ていないんだけど、しばらくは今までどおり身辺雑記を書いて行きます。自分で忘れたくないこと、できたら周りにも知ってほしいことを。


TOKYO SOURCE
こちらは先週、映画界で今「日本のジャームッシュ」と注目されている山下監督と、現実の風景を大判カメラを使ってミニチュアのように見せる写真家、本城直季さんにインタビューしてきた。前者は「リンダリンダリンダ」という映画がもうすぐ公開されるということもあって、僕らの他に全部でインタビューが20本以上入っているとか。まだまだサブカルとはいえ、アートや写真に比べたら映画はやはりメジャーだ。この2本はこれから順次TSのサイトでアップされていきます(前者は23日、後者は8月初旬の予定)。来週末くらいから、広告の方が少し落ち着いたらまたどんどん行きたいと思っている。

■苦情メール
先日、TSの一読者の方から初めて苦言メール(匿名)が来た。やっている方としてはどんな内容であれ、それだけ反応があるということで何もないよりはうれしい。ちなみに苦言の内容は、僕の「記事の書き方、質問の投げかけ方が、不躾で、読んでいて不快。(…)アーティストの尖がった意見が聞きたいのであって、アナタの文章が読みたいのではないんですよ。」だそうである。

「記事」とは(インタビューの前段の)リード部分のことだろうが、具体的な指摘がないのでどこを指しているのか不明である。内容についての具体的な指摘・批判なら対処できるが「快/不快」というのは人によって違う主観的なものである。「そう思う人がひとりいた」と頭の隅に気に留めておくことくらいしかできない。リード文では、僕は下手なりにそれぞれの表現者をわかりやすく紹介しながら、彼らに対しての僕なりの意見を曖昧にせず言い切るように書いているのだが、その辺りが「不快」ならばある意味しょうがない。リード文はその人のことをよく知らない多くの人に向けて書いているので、すでにアーティストを知っていてその「尖った意見」だけが聞きたいなら、読み飛ばしてくれて構わないのだ。一方で「質問の仕方」については正直、あえて相手が答えにくそうなことを聞いている部分もある。もちろんそれで相手が嫌な気分になってしまっては元も子もないので、その辺はバランスを見ながらやっているし、その肝心な相手とまずい雰囲気になったことはない気がするが…。

また「アーティストに対して上から見て話しかけてるところも不快。編者がタメ口で、アーティストは敬語で話してますよね。」とあるが、僕は基本的には敬語というか丁寧語で話してはいて、今までは相手と年齢が近い(多くは下)ということもあって、打ち解けた中でタメ口になっているところも、近さを出すためにそのまま表記していた。それが「上から見ている」ということになるのだろうか。態度としてそういうつもりはまったくないのだけれど。それにしても普段から感じることだけど、日本語の敬語というのは本当に面倒くさい。敬語を使うと相手との間に無意識に壁が生まれてしまうから。


■ガンダム展
今月のARTiT(田中功起の展覧会のプリビューをちょろっと書いてます)が表紙に使っているけど、大阪で始ったガンダム展、面白そうだ。TSでインタビューした田中功起も、先日広告の方で一緒に仕事した掛川泰典も参加している。暇を見つけて行ってレポートでもしたい。


ART iT (アートイット) 07月号 [雑誌]
スポンサーサイト
No.31 / DIARY /  comments(7)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
from 淳

苦情・・・ある意味でいいことだね。
だって、このような内容(敬語・謙虚)の苦情を出すようなタイプの
人間が読んでくれているっていうのは、間違いなくTSの裾野が広がっている
ということだもんね。
アーティストが一般人のふりをした本当は妬みによる苦情じゃなければいいのだけれど。

2005.07.17.Sun / 07:21 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from Hide

早速さんきゅ。
いや、ほんとこういうタイプのメールがくるってことは
裾野が広がってるんだなとも思うけど、
匿名なのを含めていい気持ちはしないです。

2005.07.17.Sun / 08:53 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from うえもと

本城さんは直希じゃなくて、直季だよ~近藤さん!

2005.07.17.Sun / 11:27 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from 林 亨

ヒデさん
ご無沙汰です。
mix加入したらヒデさんと繋がりました。元気でしょうか?
結婚式いらいですね。相変わらず多忙ですね。
9月から一年程東京に住む予定です。
是非もっとあいましょう。
林 亨/ニューヨーク

2005.07.17.Sun / 13:02 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from HIde

おおっ、お久しぶりです!
東京に戻ってくるんですか。
遊びましょう!

2005.07.17.Sun / 13:07 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from tattaka

どうも。おひさしぶりです。appelのtattakaです。この話しは似た(?)というと僭越ですが立場にあるので興味深かったです。冊子を編集してても思いますが、言葉は残るものですし、確かに書き手の心情まではなかなか伝わらないので、難しいなあと思います。
馬鹿ていねいに書くのも相手を馬鹿にしてるかにすらみえかねないし、フランクだと確かに偉そうに見えるかもしれない。ただ、やはり聞き手、或いは編集者にはその人のスタイルや話ぶりがあり、それが雑誌などのメディアの特徴になるから貫いてほしいとは思います。
個人的には活字と比べウエブの文字は、なんか話し言葉と書き言葉の中間の特性を感じてて、そこがさらに話法の難しさなのかなと思いました。
自分なんて気に入らなかったら読まないタチなので(笑)、ちゃんとクレームくれるっていうのがおもしろい気はしましたが。

2005.07.17.Sun / 13:46 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from hide

tattakaさん、返事遅れてしまいました。たしかに活字とウェブでは文字も少し違ってくるのかもしれませんね。相手と読者に失礼になったり不快には感じさせないような書き方を自分なりに今後探して行きたいとは思います。僕もちゃんとクレームくれるだけありがたいなと思ってます。僕も気に入らなかったら読まないタチなので(笑)。

2005.07.23.Sat / 22:59 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 Translate Text 

 プロフィール 

self2


近藤ヒデノリ Hidenori Kondo
某広告代理店CMプランナー/クリエイティブ・ディレクター/TOKYO SOURCE編集長/美術家。
30カ国に渡る放浪の旅、CMプランナーとして4年間勤務後、NY大学/国際写真センター修士課程に留学。9.11直前に復職。以後、TVCMを中心に広告コミュニケーションをつくりながら、個人での表現活動もつづけている。留学中から季刊誌[A]の創刊・編集に携わる他、「Removed」「PLAY」「無重力スポーツ」など、日常に隠された権力を読み替える作品を国内外で発表。近年は人のつながりと対話をテーマに「Wedding」展の企画、「TOKYO SOURCE」 編集長を務める。06年には、久々の自身の個展「FREE CAMEL」を開催。(photo:竹内スグル)

 TOKYO SOURCE 

東京発、未来を面白くする100人(インタビュープロジェクト/2005.3~)
TOKYO SOURCE

TS

 FREE CAMEL 

rakuda


禁煙ブームのこの時代に、個人の自由と表現の可能性を問う自身久々の個展。煙草「CAMEL」のパッケージからラクダを解放、路上禁煙法で知られる千代田区のギャラリーに本物のひとこぶラクダを登場させます。会場ではラクダを見ながら、CAMELが無料で吸い放題。9月22日(金)たった一日開催予定!詳しくは↓
Free CAMEL Project
box

 インタビュー 

YAMAHAのフリーペーパー「Soul Switch」にインタビューを受けました。 →インタビュー全文 main

 カテゴリ目次 

カテゴリー

 コメント+トラックバック 

 Time is Money? 

 ブロとも申請フォーム 

  ブログ内検索  

  全ての記事を表示する  

  メールフォーム  

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 TRAVEL HETEROPIA All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。