スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  再会ー杉本博司+ソフィ・カル  -  2005.02.03.Thu / 02:32 
火曜日の夕方、写真家の杉本博司とソフィ・カルのコラボ展のオープニングに行ってきた。場所は、新装オープンした小柳ギャラリー。ふだん行かない銀座でちょっと迷いながら、なんとか到着。広い。ミニマル。今日は裏のオフィスも杉本さんの写真とともに開放。内装も杉本さんがデザインしたとか。

展示の方は、さすがは日本とフランスの誇る巨匠コンセプチュアル写真家といったところか。お馴染みの端正な額に、端正な写真。ソフィの様々な企画に杉本さんが写真を提供するという感じ。以前にNYで見て日本の雑誌に紹介したソフィとポール・オースターのコラボ「Double Game」に比べると、二人の絡み方はちょっと薄い。今回はソフィが盲人に美とはなにか聞く「blind」シリーズ、盗まれた絵について管理人が証言する「missing」のシリーズなど。


本当の話

Sophie Calle: Did You See Me?
Double Game

僕が気に入ったのは、入口から入ってすぐにあった初めて見る作品。
真ん中にあるのはイリヤ・ソナベント(NYの大御所ギャラリスト)の肖像。
その脇に、二つの文章がある。細部は忘れたけど、だいたいこんな感じだ。

・・・・
私はその日、イリヤ・ソナベントに会いました。彼女は、若くて無名のアーティストだった私に、「あなたは賢いわね(smart)。是非うちで個展をさせてあげましょう」といった。その日以来26年間、彼女とのつきあいは続いている。
杉本博司

私はその日、イリヤ・ソナベントに会いました。彼女は、若くて無名のアーティストだった私に、「あなたは頭がいいわね(inteligent)。何か別の仕事が向いてるんじゃないかしら」といった。私と彼女のつきあいは、その6分間で終わった。
ソフィ・カル
・・・・

たぶん本当のことなんだろう。二人のアーティストと一人のギャラリストの対照的な出会い。こういう出会いは無数にあるんだろうけど、今ここでその二人が一緒に展示をしているということ。そういう、積み重なった偶然に惹かれる。


歴史の歴史

会場には杉本さんがいた。彼の元アシスタントで最近日本に帰ってきたリイチくんに紹介され、NYのスタジオで会って以来久しぶりにちょこっと話す。ただ、あのときもそうだったけど、僕は杉本さんを前にするといつも話すことがない。
彼の作品があまりにクリアなこと、尊敬もしてるし理解もしてるつもりだから、何の疑問も湧かないのだ。話すことがない。好きな女の子を前にして、どぎまぎしてしまうような感じ。ほんとはただ、遠くから取り巻いてるだけで十分なのだ。

あの時NYから帰る直前だった僕に、杉本さんは言った。
「そうか、じゃ諦めて帰るんだ…」
その言い方にちょっとカチンときた僕は言った。
「諦めてなんかいないっす。続けるために帰るんです。」
そのことを杉本さんに話すと
「そんなことあったっけ…。」
(笑)あれから約3年半、杉本さんは言った、
「でも今は、日本の方が面白いかもね。NYは…。」
あのときのちょっと皮肉屋な印象は影をひそめ、
この日は終始穏やかだった。


その後、リイチくんと同じく元アシスタントだったダイさん、写真家のタクヤくんら5人くらいで近所の焼き鳥屋へ。リイチくんとはひさしぶりだ。新作を見せてもらったりして盛り上がる。また一人、いい仲間が帰ってきた。
スポンサーサイト
No.85 / ART /  comments(1)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
from NS

確かにこのmeetingはよかったね。こういうのがもっともっと続けばいい。「続けるために」NYを離れた僕としても。

2005.02.03.Thu / 21:22 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 Translate Text 

 プロフィール 

self2


近藤ヒデノリ Hidenori Kondo
某広告代理店CMプランナー/クリエイティブ・ディレクター/TOKYO SOURCE編集長/美術家。
30カ国に渡る放浪の旅、CMプランナーとして4年間勤務後、NY大学/国際写真センター修士課程に留学。9.11直前に復職。以後、TVCMを中心に広告コミュニケーションをつくりながら、個人での表現活動もつづけている。留学中から季刊誌[A]の創刊・編集に携わる他、「Removed」「PLAY」「無重力スポーツ」など、日常に隠された権力を読み替える作品を国内外で発表。近年は人のつながりと対話をテーマに「Wedding」展の企画、「TOKYO SOURCE」 編集長を務める。06年には、久々の自身の個展「FREE CAMEL」を開催。(photo:竹内スグル)

 TOKYO SOURCE 

東京発、未来を面白くする100人(インタビュープロジェクト/2005.3~)
TOKYO SOURCE

TS

 FREE CAMEL 

rakuda


禁煙ブームのこの時代に、個人の自由と表現の可能性を問う自身久々の個展。煙草「CAMEL」のパッケージからラクダを解放、路上禁煙法で知られる千代田区のギャラリーに本物のひとこぶラクダを登場させます。会場ではラクダを見ながら、CAMELが無料で吸い放題。9月22日(金)たった一日開催予定!詳しくは↓
Free CAMEL Project
box

 インタビュー 

YAMAHAのフリーペーパー「Soul Switch」にインタビューを受けました。 →インタビュー全文 main

 カテゴリ目次 

カテゴリー

 コメント+トラックバック 

 Time is Money? 

 ブロとも申請フォーム 

  ブログ内検索  

  全ての記事を表示する  

  メールフォーム  

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 TRAVEL HETEROPIA All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。