スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  NY便りその2・チェルシー/ギャラリー巡り  -  2005.01.15.Sat / 17:37 


chelsea05

時間は遡るけど、2日目のこと。
昼頃から元ルームメートのジェッドのスタジオへ行き、ベッドフォードのカフェでお茶してからチェルシーへ。久しぶりのギャラリー巡りだ。Lトレインに乗って8av.まで行き、ちょうど来たバスに乗って18stへ。

印象に残ったのをいくつか。

■クリスチャン・マークレイ
Paula Cooper Gallery
10台くらいのモニターが円形状にずらりと並ぶ。それぞれのモニターでは、白バックのミニマルなセッティングの中で、白い手袋をはめた手が日常的なモノをいじってかすかな音を出している。ガラス瓶とかをすりあわせたり、ファイルをぱかぱか開いたり、ハンガーを回したり、目覚まし時計を何度も成らせたり…
ひとつの画面を見て音を聴いていると、後ろから様々な音が複雑な音響となって聴こえてくる。なんだか気持ちがいい。フルクサスの小物からインスピレーションを得たというこのインスタレーション、小物の選び方と心憎い(しょうもない)音の出し方がいい。共に展示されていたレコードの溝を接写したようなレイヨグラムみたいな写真も単純にきれい。ミニマルな美の感覚はドイツのカールステン・ニコライなどと通じる気がする。

■布でできたワーゲン
Sarah Metzner Gallery
ただそれだけ。
しかしよくできている。
ほぼ同寸。

■ギャラリー街のど真ん中にあるギャルソン

■Grand st, 
ウィリアムズバーグへ戻り、レストランDumontへ
スポンサーサイト
No.97 / ART /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
from 斉藤ヒロコ

こんちは、スーパースクール10期の斉藤ヒロコです。NYに行ってるんだ~いいですね~。チェルシーに超好きだった中華料理屋があります。名前忘れちゃったけど、たしか17stと8aveのあたり。あとチェルシーの23st駅と8aveにヴィーナスっつう微妙な名前の内装も微妙な、なんかダイナ系のメニューの揃った店もオムレツがとてもおいしかった記憶があります。もしひまがあれば行ってみてください。 

2005.01.18.Tue / 12:50 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
from H

ありがと。
でも、もう明日帰るところです。
チェルシーのそのあたりに行くと、
ゲイにナンパされるのでちょっと避けてます。

2005.01.18.Tue / 15:17 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 Translate Text 

 プロフィール 

self2


近藤ヒデノリ Hidenori Kondo
某広告代理店CMプランナー/クリエイティブ・ディレクター/TOKYO SOURCE編集長/美術家。
30カ国に渡る放浪の旅、CMプランナーとして4年間勤務後、NY大学/国際写真センター修士課程に留学。9.11直前に復職。以後、TVCMを中心に広告コミュニケーションをつくりながら、個人での表現活動もつづけている。留学中から季刊誌[A]の創刊・編集に携わる他、「Removed」「PLAY」「無重力スポーツ」など、日常に隠された権力を読み替える作品を国内外で発表。近年は人のつながりと対話をテーマに「Wedding」展の企画、「TOKYO SOURCE」 編集長を務める。06年には、久々の自身の個展「FREE CAMEL」を開催。(photo:竹内スグル)

 TOKYO SOURCE 

東京発、未来を面白くする100人(インタビュープロジェクト/2005.3~)
TOKYO SOURCE

TS

 FREE CAMEL 

rakuda


禁煙ブームのこの時代に、個人の自由と表現の可能性を問う自身久々の個展。煙草「CAMEL」のパッケージからラクダを解放、路上禁煙法で知られる千代田区のギャラリーに本物のひとこぶラクダを登場させます。会場ではラクダを見ながら、CAMELが無料で吸い放題。9月22日(金)たった一日開催予定!詳しくは↓
Free CAMEL Project
box

 インタビュー 

YAMAHAのフリーペーパー「Soul Switch」にインタビューを受けました。 →インタビュー全文 main

 カテゴリ目次 

カテゴリー

 コメント+トラックバック 

 Time is Money? 

 ブロとも申請フォーム 

  ブログ内検索  

  全ての記事を表示する  

  メールフォーム  

名前:
メール:
件名:
本文:


CopyRight 2006 TRAVEL HETEROPIA All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。